トリマーの資格の取り方

subpage-img

トリマーの資格は獣医師と違って国家試験がありません。

ペットの美容師と呼ばれ免許の取得が必要ない仕事です。ですが、独学で学ぶには難しく、犬のヘアカットの技術以外にも学ぶことはたくさんあります。思い通りのトリミングをするには、100種類以上の犬種ごとに性格の違いや毛質の特徴、そして似合うとされるヘアスタイルを学んでおく事が必要です。
また、トリミング作業中にペットが暴れだしてしまうことがあります。

基本も充実したトリマーの資格の情報をお届けします。

その時のなだめ方や体を上手に抑える方法などを学ぶことも大切です。
犬や猫の健康管理を行う仕事でもあるので、美容の技術や知識だけではなく、栄養や病気などの知識も身に付けておく必要があります。ペットの体調の異変に気付いたら飼い主さんに伝えるのもトリマーの仕事です。一般的には高校卒業後、1年か2年トリマーの育成のための専門学校や通信講座で勉強をします。



民間の団体が独自の審査基準を設けているトリマーの資格もあります。
例えば指定校の卒業生のみが受験可能な資格などです。
またペットショップのアルバイトで経験を積むという方法もあります。



こうしてトリミングの技術を磨き、またペット全般に対する深い知識を身に付け就職先を得ます。資格がなくてもトリマーとして就職することは可能ですが、実際には採用するところは少なく、やはり資格を取得しておいた方が就職には有利になります。主な就職先としてはペットショップや動物病院が多く、ペットサロンも人気があります。

top